読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

特許は自衛隊と同じ?

特許取った方がいいですよ。

と話すと、多くの場合

 

特許取ったらいくら儲かるの?

 

って聞かれます。

確かに、経営者さんからしたら、大金を払って権利を取得するわけですから、その費用対効果を知りたいわけです。

なんならそれで儲けたいのです。

 

ただ、特許や商標などの知的財産権と呼ばれる権利については、それを持っているからといって儲かるものではありません。

つまり、頑張って資格を取ったとしてもお金持ちにならないのと一緒です。

 

では、どういうイメージがいいのか、というのをずっと考えていました。

例えば、保険と一緒かな?とか。。。

でも、保険って守りのみな気がして、何かが違うのです。

 

そんな感じでモヤモヤしていましたが、最近気づきました。

 

特許って自衛隊と一緒じゃん

 

 

どういうことかというと、自衛隊って無くても、国民生活に影響ないですよね。

特許も、無くても売り上げに影響しない場合が多いです。

 

けど、何かあったときは自衛隊って、国を守るために戦いますよね。

つまり、自衛隊は国を守るための防具であったり武器であったりします。

 

これって、特許も一緒で、何かあったときには、他社を攻撃する武器にもなるし、他社から攻撃された場合の防具にもなり得ます。

 

みなさんは、自衛隊に税金を払いすぎだと思いますか?

それとも、それくらいのお金を掛けるべきだと思いますか?

 

特許は自衛隊と一緒というと、少しはイメージが変わってくるのではないでしょうか?

 

seieisha.jp