読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

念のため、訂正します

前回のブログで、若干、特許事務所批判をするような表現となってしまったので、訂正します。

 

意味不明としたのは、一般的な特許事務所のHPの表現です。

実際にお会いした弁理士の方々は、かなり熱心に中小企業の支援をなさっています。

弁理士でもない私の意見もちゃんと聞いてくれて、応援してくれたりもします。

なので、否定をしているわけではないのです。

 

ただ、特許事務所のHPに書かれている用語って、個人的には、専門用語ではないかな?って思ってるんです。

一般の人って、「発明」って聞くと、「青色LED」のイメージなのではないでしょうか?

具体的には、「なんかチョーすごい技術」って感じてしまうと思うんです。

私自身、そうでしたから。。。

それ以外にも、分かりずらい言葉が多いなぁって。。。

 

だから、意味不明ってことなんです。

 

言葉から連想するイメージが遠すぎて、自分のやってる仕事とは別次元のように感じてしまうんです。

 

今は、特許事務所で実務をしつつ、弁理士の勉強をしているので、HPの言葉は分かりやすいなって思います。