読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

特許ってすごいの?

「特許」っていうと、青色LEDが有名ですよね。

中村教授は、ノーベル賞取ったし。。。

 

そもそも「特許制度」というのは、新しい技術を公開した者に対し、その代償として特許権という独占的な権利を付与する制度なんです。

 

ここで、「新しい技術」つまり、「発明」といわれるものって、なんかすごい技術なんだろうなって感じがしますよね。

ノーベル賞ものの。。。

 

私も、設計開発をしていたころは、そう思ってました。

多くの技術者は、自分が考えてるモノなんて、特許になるようなモノじゃないんだよねぇ、って思ってるのではないでしょうか?

 

実は、そんなことないのです。

 

技術者は、日々、良いモノを造ろうと試行錯誤しながら設計しているではないですか?

その「良いモノ」が「発明」なんです。

試行錯誤している内容が「発明」なんです。

 

青色LEDみたいな、ノーベル賞モノでなくていいのです。

技術者は「発明者」であって、設計しているモノが「発明」です。

技術者が試行錯誤しながら造った良いモノを、「特許」として保護しましょう。

 

ip-management.jimdo.com