読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

商標権でブランド価値アップ?

商標と商号は違うって知ってますか?

 

違いを分からないと、知らずのうちに権利侵害をしている可能性があります。

さらにいうならば、権利侵害をしている場合は、その名称を用いて事業が行えない、つまり、会社名を変更せざるを得ない状態になる可能性を秘めているのです。

 

商標権侵害で社名変更しました。

ってことになったら、これまでの取引先企業はどう思うでしょうか?

 

また、取引先企業が商標権侵害で社名変更しました、となった場合、どう思いますか?

 

 

逆を考えると、商標権を予め取得しておくことで、他社が同じ名称を使用することを防ぐことができます。

 

「®」の表示を見たことはありませんか? 

 

簡単にいうと、商標権持ってますよってことです。

商標権持っていることで、しっかをりと独占的に名称を使用し続けることができることをアピールできます。

他社が同じ名称を使用している時には、その使用を中止させることができます。

商標権を持っていることで、それを使用し続けることが可能となり、その名称がブランドとして業界に浸透することを妨げません。

ブランド価値を向上させるためにも商標について検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

会社を登記することができたから大丈夫と思っている方いらっしゃいませんか?

それ、商標権を侵害してるかもしれませんよ。。。

 

seieisha.jp