読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

補助金申請には特許が効果的(その1)

個人的なはなしですが、「知的財産教育協会 中小企業センター」のFacebookページで、補助金申請と知的財産についてのコラムを書きました。

文字数制限があるので、あまり詳しくは書けなかったので、こちらでもっと具体的な話をしていきたいと思います。

 

コラムにも書いたように、補助金申請について、ものづくり補助金を例にとって書いていきたいと思います。その他の助成金補助金等については、info@seieisha.jpから個別ににご連絡ください。

 

ここで、補助金申請についてですが、補助金を申請してから交付までどれだけの期間を要するかご存知ですか?

 

公募が開始されてから約1ヶ月以内で申請をします。

そこから審査を経て採択されるまでに約1~2ヶ月。

採択されたら、約1ヶ月で交付申請をして交付が決定します。

 その後、所定の期間内に代金支払いまで完了させて、報告書の提出をした後に補助金が交付されます。

 

こうみると、申請から実際に補助金が交付されるまでには、半年~1年(もしくはそれ以上)の期間を要することが分かります。

 

また、申請書の記載事項はかなりの量があり、公募が開始されてから申請書を作成しようとすると、時間が足りなくなる可能性が高いです。

そのため、公募が開始される前から準備を始める必要があります。

 

どうでしょう。

 

補助金申請って意外と大変なんですね。

申請書類については、それぞれで異なるので、申請しようとする補助金の申請書面について、予め前年度の募集要項を確認しておくと、バタバタせずによいかと思います。

また、上記のように、時間も労力も必要になりますし、場合によってはコンサルタントなどの外部の支援も必要になります。

従いまして、安易に補助金申請をするのではなく、本当に必要なのかどうかを検討した上で申請してみては如何でしょうか。

 

次は、具体的に申請書類ってどいうったことを記載するのか、どういう書類が必要なのか、何を検討すべきかを具体的に書いていきたいと思います。

 

今回は知財と直接関係ありませんが、(ものづくり)補助金についての概略とさせて頂きました。

 

seieisha.jp