読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

特許って世界共通じゃないの?

とある外国にて、自社と同じ技術を用いた製品が売られたとします。

この技術は日本で特許権を取得しており、明らかに侵害している。

 

うちの技術パクられた。

特許持ってるから、差し止めしよう!

 

これはできない場合があります。

 

日本で特許取ってるから大丈夫

 

ではないのです。

 

特許(他の知的財産権も含む)は、各国独立だからです。

すなわち、日本で権利持ってるからといって、海外では通用しません。

その国において権利を持っているか否かが大事なのです。

 

例えば、上記のように外国で侵害製品を見つけたとしても、その国で権利を持っていない限り、差し止め等の権利行使ができないのです。

 

じゃぁ、「世界特許」は?

 

たまに耳にする「世界特許」。

 

これは存在しません。

 

おそらく、「PCT出願」と呼ばれるもので、出願方式を世界共通にしただけのものです。

PCT出願をして日本で権利化した場合、日本での権利行使しかできません。

この場合であっても、各国で権利化をしなければならないのです。

 

このように、現段階では、

 

「世界共通の特許権

 

というのは存在しないので、計画的に権利化を図る必要があります。

細かいことについては、お近くの特許事務所や弊所にお問い合わせください。