読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

知財マネジメントとリスクマネジメント

気になる記事を見つけました。

思わぬ特許訴訟の費用補償 損保ジャパン、中小向けに :日本経済新聞

 

また、特許庁も下記のような補助金制度をしています。

海外知財訴訟費用保険加入にかかる費用の半額を補助します | 経済産業省 特許庁

 

日本では、訴訟は多くありませんが、海外では訴訟に巻き込まれる可能性が高くなります。

 

特に中小企業では、

 

日本で特許とってるから大丈夫

 

と思って海外へ進出していることもあるかと思います。

 

日本で大丈夫だから海外でも大丈夫

 

ではないのです。

 

特許など知的財産権は、各国独立といって、世界共通ではありません。

それぞれの国で取得しなければならないのです。

 

海外展開をしている、または海外展開しようとする中小企業において、海外で権利化すること、少なくとも展開しようとしている国の特許とか調べる必要があります。

また、特許を取得することも有効です。

 

海外では日本の考えが通用しないこともあります。

日本で訴訟等に巻き込まれた場合であっても、とても大変なのに、海外では言葉が通じないばかりか、法律や制度が異なる場合があります。

 

リスクマネジメントという意味でも、海外展開する場合には、保険に加入するなり、あらかじめ権利を取得しておくなり、文書をもっての契約をしっかりしておくなど、何らかの対策が必要です。

 

権利化のみならず、契約に関しても特許事務所でできますので、お気軽に問い合わせてください。特に、海外展開をしている、またはしようとしている中小企業の皆様、海外に強い特許事務所にお任せください。