読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

知的財産ってメーカーだけのもの?

ではありません。

 

確かに、特許(発明)やブランド(商標)やデザイン(意匠)っていう観点からすると、どうしてもメーカーだけのことかなと思われてしまいます。

 

けど、そんなことないんです。

 

どんな企業にも「ノウハウ」は存在しますよね?

 

この「ノウハウ」も、知的財産なのです。

難しい用語だと、「営業秘密」です。

 

では、どうしたら守ることができるのか。

 

例えば、「契約書」を交わすことで守ることができます。

 

分かりやすい例として、大手企業(A社)から下請け企業(B社)へ製造を依頼する場面を想定します。

B社は、長年培ってきた技術(すなわち、ノウハウ)を有しているとします。

A社はその技術が素晴らしいとして、B社へ製造の依頼をします。

最初はそれでよかったのですが、次第にA社からその技術について、B社へ質問が次々に寄せられるようになりました。

B社としてはA社からの質問に対して誠実に回答していきます。

するとどうでしょう。

気が付いたら、A社からの発注が無くなってしまいました。

 

そして、A社に頼り切っていたB社はほどなく倒産してしまいました。。。

 

後から聞いた情報では、A社は、コスト削減のため、海外の工場でその技術を使って製造を開始したようです。

 

ということは、少なくとも夢見物語ではないように感じますが、いかがでしょうか?

 

では、B社はどういったことをすればよかったのでしょうか。

それは、A社と技術契約を結んでおけばよかったのです。そして、A社に対して、安易にノウハウを教えなければよかったのです。

 

でも、B社の立場からすると、なかなか難しいですよね。。。

 

ですが、いつまで経ってもそんな考えでは、御社の長年培ってきた技術を守ることはできません。

技術を守るということは、御社の人財を守ることにもつながります。

技術は人が造るものです。

「技術は人」なのです。

 

実際、あるベンチャー企業では、しっかりと技術契約を結んで業務を行っている企業もあります。

 

そんな時には、特許事務所等の法律系の事務所にご相談ください。

個人的には、技術的なことは特許事務所が一番良いとは思いますが、顧問契約をされている場合もあると思いますので、そういった事務所でご相談ください。

新しく取引を始める際には、ぜひ、技術契約書を作成して、技術流出を防いでください。