読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

ものづくりへの情熱

ものづくりをしている企業では、とにかく良いモノを造ることに重点を置いているのではないでしょうか?

 

良いモノさえ造っていればいい。

 

それは一番大切なことだと思います。

 

けど、

それだけでは、ダメなんです。

 

良いモノであり、かつ売れるモノ

 

でなければ経営は成り立たないと思います。

 

良いモノの需要がどこにあるのか、特許情報を活用することができるのはご存知ですか?

特許情報を解析することにより、御社の技術を欲している企業を見つけることは可能なのです。

 

また、どれだけ良いモノを造ったとしても、他社の特許を調べないことで、知らず知らずのうちに特許侵害している可能性を考えたことありますか?

 

どこも販売していないから大丈夫、ではないのです。

販売をしていなくても、特許権を有している場合もあるのです。

 

特許を取得するということは、自社の技術を守ることにつながるのです。

自社の技術を守るということは、自社の人財を守ることにもなるのです。

なぜなら、技術は人がいてこそ、生まれるモノだからです。

 

開発の初期段階から特許事務所を活用することで、御社の大事な知財が守られるのです。

弊所の事務所でも、アイディア段階からご相談いただいて、売り上げにつなげられている事例もあるのです。

 

知財部が無い企業では知財部員を育てるノウハウがありませんから、最初から特許事務所を活用してください。

活用する段階で、特許事務所との連絡係兼知財部員候補として、将来の知財部員を育てるのもよろしいかと思われます。

 

よくわからなかもしれませんが、まずはご相談ください。

 

 

ip-management.jimdo.com