読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

出願費用が高い理由

特許事務所に特許出願を依頼すると、出願だけで、20~30万円くらい掛かります。

権利化までは、最大で100万円くらい掛かることも。。。

 

実際、特許庁に支払う特許出願費用は、1万5千円なのです。

権利化するためには、出願審査請求をする必要があり、その費用が15~20万円くらいです。

 

では、なぜ出願だけでこんなにも高いのか。

と思われるかもしれませんが、打ち合わせから明細書作成の時間を考えると、決して高くはないのです。

 

でも、高いと感じるのは確かです。

それには、理由があります。

 

特許出願に必要な出願書類を作成するのには、スキルが必要だからです。

 

ということは、スキルを磨けば、自社で出願した場合、1万5千円の出願料のみで、特許出願が可能なのです。

権利化まで含めても、うまくいけば20万円くらいで抑えられるのです。

 

特許庁でも無料でセミナーを開催していますが、それだけでは足りません。

実際に書いてみても、権利化までできるくらいの精度なのかが素人では分からないからです。

 

自社で出願できれば費用のメリットが大きいため、コア特許だけでなく、保険的にその周辺の特許も取得することができ、さらなるメリットがあると考えています。

 

一人の知財部員を育てるのは簡単なことではないですが、私は、安価にその支援をしたいと考えています。

 

ip-management.jimdo.com