読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいことを始めよう

知財経営って何?

特許は自衛隊と同じ?

特許取った方がいいですよ。

と話すと、多くの場合

 

特許取ったらいくら儲かるの?

 

って聞かれます。

確かに、経営者さんからしたら、大金を払って権利を取得するわけですから、その費用対効果を知りたいわけです。

なんならそれで儲けたいのです。

 

ただ、特許や商標などの知的財産権と呼ばれる権利については、それを持っているからといって儲かるものではありません。

つまり、頑張って資格を取ったとしてもお金持ちにならないのと一緒です。

 

では、どういうイメージがいいのか、というのをずっと考えていました。

例えば、保険と一緒かな?とか。。。

でも、保険って守りのみな気がして、何かが違うのです。

 

そんな感じでモヤモヤしていましたが、最近気づきました。

 

特許って自衛隊と一緒じゃん

 

 

どういうことかというと、自衛隊って無くても、国民生活に影響ないですよね。

特許も、無くても売り上げに影響しない場合が多いです。

 

けど、何かあったときは自衛隊って、国を守るために戦いますよね。

つまり、自衛隊は国を守るための防具であったり武器であったりします。

 

これって、特許も一緒で、何かあったときには、他社を攻撃する武器にもなるし、他社から攻撃された場合の防具にもなり得ます。

 

みなさんは、自衛隊に税金を払いすぎだと思いますか?

それとも、それくらいのお金を掛けるべきだと思いますか?

 

特許は自衛隊と一緒というと、少しはイメージが変わってくるのではないでしょうか?

 

seieisha.jp

どういったモノが特許になるの?

みなさんは、どういったモノが特許になるかご存知でしょうか?

 

・なんかすごいモノ

ノーベル賞取れるくらいのモノ

・テレビに取り上げられるくらい画期的な発明

・普通の人では考えつかないモノ

etc...

 

こんな感じではないでしょうか?

 

私もそう思ってました。

 

でも、そんなことはなくて、本当に日常で思いついたモノ(アイディア)が特許になるんです。

これまで特許を取ったことのない中小企業の設計者さんによく言われる言葉としては、

 

こんなのが特許になるんですか!?

 

そうなんです。

みなさんが思っている以上に身近なアイディアが特許になり得るんです。

 

アイディア(発明)は、仕様決定~量産までのすべての工程で生まれています。

 

だって、量産までにはむちゃくちゃ悩むことがあるから

 

その悩んだ部分が解消されたということは、そこにアイディア(発明)が生まれているんです。

そう考えると、実は特許ってむちゃくちゃ多いと思いませんか?

 

ただ、特許事務所に頼むと高い。

そうなんです。

高いにはそれなりの理由があります。

 

その理由は、書面の作成にあります。

 

簡単に書けるだろうと思っている方、書いてみましょう。

自社で書けるのなら、権利化までは10万円程度(軽減措置が受けられた場合)、高くても20万円程度で済みます。

 

また、とにかく出願だけすればいいという方、書面作成のコンサルティングを行っておりますので、info@seieisha.jpまでお問い合わせください。

 

seieisha.jp

アイディアに価値はない

Googleの創業者が言った言葉だそうです。

 

beinspiredglobal.com

 

 たしかに、どれだけ素晴らしいアイディアを思いついたとしても、それをビジネスにしたり、商品化したり、特許にしたりと、何かしらのカタチにしなければ価値が無いということだと思います。

 

例えば、良いアイディアが浮かんだとして、そのまま何もせずに過ごしていたら、いつの間にかどこかの企業が商品化して売っているのを見たことありませんか?

その商品見た時ってむちゃくちゃ悔しくないですか?

 

もしかしたら、「あなた」が一番最初に思いついていたかもしれません。

もしかしたら、「あなた」が儲かっていたかもしれません。

もしかしたら、、、、

って思ったらキリがないですよね。

 

そうなる前に、どのような形態でもいいからカタチにすることが必要なのです。

 

アプリであれば、作れる人に作ってもらいましょう。

自宅にある物で造れるなら作りましょう。

モノが無くても特許は取れますので、特許事務所に頼むか、私にお問い合わせください。

 

せっかく浮かんだアイディアです。

しっかりとカタチにして売上・収入につなげましょう!

 

seieisha.jp

 

アイディアをカタチにする方法の流れをまとめてみました

f:id:hiro-roncha:20161202094056j:plain

 

アイディアが出た後にどのような流れで収入に繋げるのかを簡単にまとめたファイルをダウンロード可能にしてあります。

 

基本的には、ご自身で全てできます。

特に、特許って特許事務所でなければ絶対にできないと考える人が多いと思いますが、実は、自分でできます。

特許文献の調査だってタダでできます。

文献が読めるようになれば、すでに公開されている文献の書き方を参考に書面の作成はできます。

 

「明細書の書き方を教える」といったコンサルティングをやっている特許事務所ってほとんどないので、もし、知りたいという方がいましたら、info@seieisha.jpまでお問合せ下さい。

 

seieisha.jp

一度は考えたことがあると思います。

良いアイディアを思いついた時、

 

そうだ、特許で儲けよう!

 

って考えたことはありませんか?

 

考えたことのある人は少なくないと思っています。

でも、多くの場合、特許ってどうやって取るのか分からない、っていう第1のハードルで挫折するかと思います。

 

いちおう、特許事務所に行ってみたけど、料金が高くて挫折。。。

という人もいるかもしれません。 

 

例えば、良いアイディアが浮かんだ場合でも、自社に関係ないと諦めていませんか?

この場合、御社で特許を取って、それを他社に実施してもらい、その収入を売り上げにしてもいいのです。

 

特許って、カタチが無ければならないものではありません。

アイディアさえあれば、取得可能です。

 

また、ご自身で権利化すれば、安価で済みます。

 

良いアイディアがでてきたら、それを諦めるのではなく、ちゃんとカタチにして収入に変えましょう!

個人でも 法人でもご利用可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

seieisha.jp

ものづくり補助金の公募が開始されました

ご確認ください。

www.chusho.meti.go.jp

 

募集期間は、平成28年11月14日から開始で、平成29年1月17日までです。

 

まだ間に合います。

 

 

<対象・補助について>

【共通】
(1)どのように他社と差別化し競争力を強化するかを明記した事業計画を作り、その実効性について認定支援機関により確認されていること。
(2)(第四次産業革命型のみ)「IoT・AI・ロボットを用いた設備投資」を行うこと。

 

詳しい内容については、 公募要領をよく確認してください。

なお、特許権取得のための費用も補助対象になるみたいなので、これまで特許出願したことないのであれば、一度ご検討してみてください。

 

まだ間に合うと思って油断しているとすぐに公募期間が終了してしまいます。

年末で忙しい時期ではありますが、申請を希望する場合には、今から準備を始めてください。

書面の作成期間については、1ヶ月を要すると思って準備をしてください。

 

seieisha.jp

小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました

補助金情報です。

小規模事業者持続化補助金の公募を開始しました(METI/経済産業省)

募集期間は、平成28年11月4日から開始で、平成29年1月27日までです。

 

まだ間に合います。

 

これは、小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等を支援するものだそうです。

 

<対象・補助について>

【一般型】
 対象者:全国の小規模事業者
 補助率:補助対象経費の3分の2以内
 補助上限額:50万円
100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)
500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

熊本地震対策型】
 対象者:熊本県全域及び大分県の一部地域(別府市、日田市、竹田市宇佐市(旧院内町、旧安心院町のみ)、由布市九重町玖珠町)に所在する平成28年熊本地震の影響を受けた小規模事業者
 補助率:補助対象経費の3分の2以内
 補助上限額:200万円
2,000万円(複数の事業者が連携した共同事業)

【台風激甚災害対策型】
 対象者:北海道空知郡南富良野町並びに岩手県宮古市久慈市及び下閉伊郡岩泉町に所在する台風第7号、台風第11号、台風第9号及び台風第10号の影響を受けた小規模事業者
 補助率:補助対象経費の3分の2以内
 補助上限額:100万円
1,000万円(複数の事業者が連携した共同事業)

 

ぜひ、この機会に申請を出してみては如何でしょうか?

 

 

seieisha.jp